ウェブメールで取り入れられる量に注目|嬉しい機能が満載

容量の不安がない

削除を考えなくても良い

Eメール

メールはビジネスにおいて重要なアイテムと言えるでしょう。
要件を簡潔に文章で伝えることはもちろんですが、必要なデータや写真などのいわゆる添付ファイルも合わせて送れることで、より送信する相手とのコミュニケーションを図り深めることが出来ます。
ですが、添付ファイルを付いたメールをやり取りすることで不安視されるのが、各人に割り当てられたメールボックスの容量です。
多数の企業では、サイズの大小はありますが、使用できる容量は決まっています。
メールの整理をこまめにしないと、容量を使い切ってしまい送受信ができなくなることも珍しいことではありません。
その点で言うと、ポータルサイトなどが運営するウェブメールは、一人あたりのメールボックス容量は、企業で割り当てできる容量よりも、数倍から数十倍の容量を提供してくれます。
メールボックスの容量確保に悩む企業では、ウェブメールの導入を検討する価値があるのではないでしょうか。
今やウェブメールはギガバイト単位の容量提供は当たり前のところも多く、メールの整理整頓を怠っても、容量不足になることは殆どありません。
企業でメールボックスの容量を増やすとなると、サーバの増設を検討しなくてはなりませんが、ウェブメールの場合は、追加費用を払うことで比較的簡単に容量を増やすことも出来ます。
ブラウザから見ることになるので、多くのメールを保持していても、軽快に動作してくれるところもウェブメールの特徴と言えます。

運用のしやすさが魅力

Eメール

会社の中で使うメールというと、以前はメールソフトを使うものが普及していました。
それに替わって導入する企業が増えつつあるのが、ウェブメールのサービスです。
従来とは違って、メールの送受信にはインターネットを閲覧するためのブラウザを用います。
他にも色々と違った特徴があり、ビジネスユースに適していることから導入が進んでいます。
従来のメールシステムとウェブメールの違うところは、ブラウザを使用しているためアップデートに悩まされる必要がない点です。
以前はシステムやクライアントソフトが変わるたびに、正常に動作するか検証する必要があり、無駄な業務を発生させていました。
ウェブメールなら十分に動作が検証されているブラウザを使うため、最新バージョンでも問題なく使うことができます。
スマートフォンなどのモバイル機器との親和性が高い点も、ウェブメールならではのメリットです。
モバイル機器にインストールしたブラウザからログインして新着メールを確認できるので、場所を選ばず最新情報にアクセスすることができます。
こうしたメリットの多さから企業からの評判もよく、旧来のシステムからウェブメールへの乗り換えが進んでいます。
サーバーやクライアント端末への負担も少なく、維持コストの削減にも貢献してくれる点などが評価されています。
導入に必要な費用は、小規模の企業であれば10万円程度で利用することが可能です。
利用人数が多い大企業になると、それに対応したシステムを構築する必要があり、費用は若干割高となります。

アカウント数などを調べる

Eメール

法人向けのウェブメールを導入する際には、初めに社内で利用するであろう社員の数を数えておきます。
ウェブメールのサービスは、メールアカウントの数によって料金が変わってきます。
一定の数を超えると料金プランが変わるケースも多く、社員の数はコストに直結します。
通常は余裕を持って利用できるよう社員数よりも多めの数で申し込むのですが、それにより料金が大きく変わる場合には、他社のウェブメールの料金プランと比較し有利な方を選ぶと良いでしょう。
利用に必要なブラウザがインストールされているかどうかも確認しておきます。
ウェブメールはブラウザを通じてメールサーバーにアクセスしますが、あまりに古いブラウザを使っている端末ではログインできない可能性があるからです。
モダンブラウザと呼ばれるものであれば問題なく使うことができます。
稀にバージョンが古いなどの理由で動作しなかったりレイアウトが崩れることもあるため、社内で使っているパソコンのOSやスペックなども調べておきます。
これらの準備をした上でウェブメールを導入できると判断したなら、業者が提供するサービスに申し込みます。
規模の小さな企業であれば、提供されているプランに申し込むだけで必要な設定がなされ、すぐに使えるようになります。
規模が大きい企業の場合には適切な設定をする必要があるため、見積もりなどを行った上で最適なプランを作り上げます。
社員数が多い企業ではアカウントなどの運用も複雑になるので、それらも任せられる業者がおすすめです。